寄って

透明度が悪かったり、余りに被写体に困った時なんかは、どこにでもいる動き回る(逃げる事が出来る)被写体に対してどれだけ寄って撮れるか?という遊びをしたりもします。
水中撮影をする人はよくわかっていると思いますが、ストロボを光らせるので、こんな時には遠目から少しずつストロボを光らせて撮影し、光に対して少しずつ慣らして、寄って行くのが普通なんですよね。フィルムの頃は枚数捨てる感じでしたが、デジタルに変わっていくらでも消せるので、いっぱい切りながら慣らしていくので、以外と寄れる(笑)
中には最短距離より近づける被写体もあったりするので、これはこれで楽しいです。
でも、物撮りになっちゃうんだよな~・・・
a0141787_22305298.jpg
a0141787_2231628.jpg
a0141787_22311995.jpg

[PR]
by tatsuya0815 | 2010-07-05 22:31 | 水中 | Comments(6)
Commented by meg_omata at 2010-07-05 22:42
おっ海写真!
すごい寄ってますねー^^
そーっとそーっと寄ってくのって
スリルあって楽しいですよね!
Commented by tatsuya0815 at 2010-07-06 09:29
>meg_omataさん
リクエストにお答えして(^^)
たまに寄りすぎちゃって、おいおい・・逃げないのかよ?っていう時あるよね(笑)
Commented by nori at 2010-07-06 12:29 x
今日は、水中撮影も苦労があるようですけれど、綺麗に撮れて流石お見事です。鳥もそうですけど目が可愛いですね。ポチ・
Commented by OSADA at 2010-07-06 20:00 x
いや~素晴らしい海底写真有難うございます。やはり海底に棲む魚を写すのにはそれだけの、工夫と苦労があるんですね。(^^♪
カワセミ撮影より、魅力的かも・・・(^^♪
Commented by tatsuya0815 at 2010-07-06 21:06
>noriさん
撮影には苦労が付き物ですよね(^^)撮影者がそれを苦労と思うかどうかにもよると思いますが(・・;
水中は全て青被りの写真になってしまうので、特にマクロレンズを使う時はストロボを光らせて、本来の色を出してあげるんですよ。
Commented by tatsuya0815 at 2010-07-06 21:09
>OSADAさん
ここん所の、カワセミは皆さん苦労しているようですね~(--;
でも、毎日出ずっぱりだった1か月ちょっと前が非常に懐かしく感じます。あの時の方が魅力的ではないでしょうか(笑)
<< なかなか ボツ写真 >>