今日の夕焼け

修理から戻ってきた50Dの確認をしてなかったので、ちょっくら夕方に自宅の窓から撮ってみました。
あまりにもセンサーにゴミが付いていて、絞って撮ったら黒い点々が色んなところに見事に写りこんでいたのも、センサー掃除してもらったのですっきりしました。
しかし、今回の修理、5万ショット程度でシャッター内部パーツ交換になるとは思ってなかったな~。正確にはだいぶ前からだましだまし使っていたので3万ショット程度からかな!?
どんな症状だったかっていうと、シャッターを切ろうと思った時に切れない…調子のいい時はうまく反応してくれていたんだけど、切れない時はシャッターボタンを長押ししていると数秒遅れて切れる感じだ(^^;もうその症状が出た時点でアウトな感じだったのだが、ほんとよく我慢できたと思う(笑)
どうしてそうなってしまったのか?思いあたるのは水中ハウジングだなぁ…シャッターを強く当てすぎていたんだと思う…試行錯誤しながらシャッターの当て調整をやっていたので、他にもいろんな要素が組み合わさったのかと!?
これから快適に撮影ができるので50Dはまだまだ現役で行きますよ(^^)メインは1DMarkⅣですが…
a0141787_23132513.jpg

[PR]
by tatsuya0815 | 2012-09-21 23:17 | 陸上
<< 久々の鳥撮り 生存確認(笑) >>